フォトアルバム
 

-天気予報コム-

« 黄砂が飛んできた | メイン | 3/20~22 三連休 »

植樹活動

新聞記事

「九州ふるさとの森づくり」事業
 九州電力の創立50周年記念事業「九州ふるさとの森づくり(植樹活動)」が、九重町の九重“夢”大吊橋近くの町有林であった。
 県が提唱する企業参画・県民総参加の森林づくり活動の一環。同社の大分支店や八丁原地熱発電所の社員や家族、地元九重町から約60人が参加した。
 開会式で主催者を代表して中川浩二大分副支店長が「きょう植えていただく木が立派に育ち、わたしたちの心を癒やし、そして地球を癒やしてくれることを 願っています」、来賓の永尾宗忠九重町副町長が「町としてもこの大吊橋周辺の環境整備で植樹による緑化をしている。今回の森づくりを加えていただき、10 年もしたら素晴らしい森になると期待しています」とあいさつをした。
 参加者は、作業上の注意や植え方の説明を聞いた後、植樹作業。雨が降る中、手分けをしてイロハモミジやモミ、ヤマボウシなど22種類・約120本を植えた。
 同社では、2001年から九州各地でこの事業を行っており、10年間で100万本を植樹する計画。県内ではこれまでに日田、国東、大分各市や玖珠町で実施している。

Photo

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 大分情報へ  にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/154208/23672746

植樹活動を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿