フォトアルバム
 

-天気予報コム-

« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

ゴールデンウィーク中の交通規制

新聞記事より

九重町は「九重“夢”大吊橋」周辺のゴールデンウィーク中の渋滞緩和策として大吊橋に向かう導入ルートの県道などで29日から5月6日までの間、大型バス(路線バスを除く)の進入禁止などの交通規制を実施する。大吊橋付近の4ヶ所に無料の臨時駐車場(計500台収容)を設ける。
交通規制するのは、国道210号線から大吊橋に通じる県道飯田高原中村線のうち、国道野上交差点から大吊橋入り口までの間は上りが進入禁止、梅木釣から二俣木までの間は通行禁止になる。九州横断道路から大吊橋北方側への導入ルートになっている町道筌の口須久保線も通行禁止に。
規制時間は午前8時半から午後5時まで。迂回路は国道からは四季彩ロード~長者原経由、九州横断道路からは県道田野庄内線になる。
臨時駐車場は、大吊橋まで10分足らずのなかよし広場をはじめ、無料のシャトルバスが出る飯田公民館裏広場や九重ラベンダー園などが利用できる。

大吊橋管理事務所によると、昨年同時期の入場者は5月1日と5日が雨や曇りだったことから約72,000人にとどまった。今年は約80,000人を予想している。
Jyutaijyoho
画像をクリックすると大きくなります

Photo_3

九酔渓の新緑

九重“夢”大吊橋から国道210号線に下る途中の九酔渓(きゅうすいけい)
新緑が鮮やかです。
Photo_2

新緑の季節

吊橋付近も新緑がきれいな季節になりました

Photo

4月5日

春休みの日曜日でしたが、道路の渋滞にまでは至りませんでした。
それでも、多くの観光客で賑わっていました。

2009451

2009452

新装オープン

JA九重町飯田が経営する直売所がオープンしました。

主に町内産品を販売する2号店は1日に新規オープン。
土産のお菓子類や、弁当・工芸品を販売する1号店は4日に改装オープンしました。

Photo

以前からあった1号館と新しくできた2号館の間に券売所ができました。

Photo_2
2号館・主に町内産品を販売する。1日に新規オープン

Photo
1号館・土産物のお菓子、弁当、工芸品など
4日に改装オープン

新聞記事から

九重町飯田高原の「九重“夢”大吊橋」中村エリアで、JA九重町飯田が経営する「九重“夢”大吊橋物産直売所」二号店が1日、オープンした。

同直売所は木造平屋建て(113㎡)の規模。地域の強い要望で、町が農産物を中心に取り扱う施設として新たに建設した。同農協が指定管理者として3年間運営する。

今は生野菜の端境期。乾シイタケや漬物類、みそ、しょうゆなどの加工品を主に販売しているが、収穫期を迎えれば味が自慢の高原野菜が店頭に並ぶ。安心安全をPRするため、選んだ品物にバーコードリーダーをあてると、店内のディスプレーに、生産者や生産履歴の映像が映し出されるサービスを取り入れている。

菓子類や弁当、民芸品などを取り扱う、別棟の木造平屋建て(130㎡)の1号店は、内装工事中で、4日以降に開店を予定している。

さらに、券売所も移動

Photo_2旧券売所

以前は、ゲートの横に券売所があり、券売所に並ぶ人の列とゲートに並ぶ人の列で混雑し、混乱していましたので、ゲートから50mほど手前に券売所ができました。

4月 営業時間変更

4月1日~5月31日の営業時間は
8:30~17:00です。チケットの販売は16:30までです。