フォトアルバム
 

-天気予報コム-

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

九重“夢”大吊橋・2周年

2006年10月30日に開通した九重“夢”大吊橋、本日2周年になりました。

今日で入場者は開業以来約387万人。当初の予想は年間30万人だったことを考えれば、だれも予想できなかった来場者の多さです。

1年目の入場者230万人、2年目は157万人と入場者は減少していますが、11月1日~3日の連休は混雑が予想されます。特に国道210号→九酔渓→九重“夢”大吊橋方面のルートはなるべく避けたほうが良いと思います。九酔渓の紅葉も進んできていますので、九酔渓は下りに利用しましょう。

1030          10月30日の九重“夢”大吊橋

今日の九重“夢”大吊橋10/24

1024

23日は雨でした。雨が降って紅葉が一気に進みます。

今日の九重“夢”大吊橋 10/20

10月18.19日の土日は大きな渋滞はありませんでした。

20081020_3 

10月20日午前中の様子。月曜日ですが観光バスが多く来ていて、橋の上は人でいっぱいでした。

20081020_2

また少し色づいてきました。

一段と寒く

標高777mの九重“夢”大吊橋。平地より早く寒さがやってきます。

私のところは九重“夢”大吊橋から約4Km離れた、標高900mのところですのでさらに寒いのですが、今朝の気温2℃。

Photo_5

10月13日午前6時 気温2℃(山のテッペンの気温ではありません。2200人の人が住む飯田高原の中の一集落の中での気温です(*^-^*))

Photo_7   

九酔渓の様子

この寒さで、紅葉がさらに進むことでしょう。

久しぶりの渋滞

10月11.12.13の3連休、久しぶりに渋滞が起きていました。

Photo

Photo_2

10月12日(日)3時頃、九重“夢”大吊橋まで約2Km地点の飯田中学校前。四季彩ロード、九酔渓方面からも混雑していたようです。特に九酔渓方面からは迂回路がありませんので、避けたほうが良いと思われます。

福岡方面、大分市方面からだったら、210号線水分峠からやまなみハイウェイ経由、熊本方面からはやまなみハイウェイ経由、いずれも飯田高原ドライブインから入ってきたほうが渋滞が少なくて済みますが、これからの土日は渋滞覚悟でお出で下さい。

バイパス開通

九重“夢”大吊橋前の道路、ずっと工事中でしたが、やっと開通しました。

40号バイパス 全線開通 渋滞緩和、観光振興に期待 九重“夢”大吊橋に続く県道

 「九重町田野の県道40号飯田高原中村線バイパスが10日、全線開通し、同町の坂本和昭町長ら関係者が出席し、開通式があった。同線は国道210号から九重“夢”大吊橋を経由、飯田高原に抜ける幹線道路だが、一昨年10月の吊橋開業後、行楽シーズンには大きな渋滞が起きていた。バイパスは車道幅6メートルの片側1車線。2002年から総事業費8億2700万円をかけ県が吊橋駐車場までの全長936メートルを整備、一昨年10月にこのうち473メートルが既に供用を開始しており、この日残りの463メートルが完成したことで、全線が開通した。坂本町長は「観光客のみなさん、地域住民にとって渋滞解消は喜ばしい限り」と話した。

=2008/10/11付 西日本新聞朝刊=」

Photo_3

九酔渓方面から(荻釣を通らずに九重“夢”大吊橋へ行ける)

Photo_4

筌の口温泉方面から

九重“夢”大吊橋完成前から工事をしていたわずか1Km弱のバイパスなのに、吊橋営業開始までに工事完了しなかったのが不思議でしたが、吊橋完成からさらに2年弱もかかったのはさらに不思議でした。公共工事のフクザツな事情があったのでしょう。

10月9日

109

10月 チャレンジおおいた国体 

10月になりました。紅葉の季節が近づいて、このページへのアクセスも少々多くなってきましたので、今月はがんばって紅葉情報を更新しようと思います。

10月になりましたので、営業時間が変更になっています。

10/1~11/30 8:30~17:00(チケット販売は16:30終了)

Photo

10月1日の九重“夢”大吊橋、木々がちょっと色づいてきた

Photo_2

大分県は今年の国体開催県になっていて、9月27日から県内各地で各競技が開催されています。九重町はホッケーの会場になっていて、熱戦が続いています。県外からの選手、応援の皆さんも九重“夢”大吊橋を訪れているようです。

Photo